2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年11月20日 (日)

諏訪湖へワカサギ釣り。

今週末は諏訪湖へワカサギ釣りへ行ってきました。すっかりこの時期の恒例行事になってますね。

今年の諏訪湖は、夏に大量死があった為、ワカサギの数が少なめの模様で、始める前から苦戦の予感。

P1070139a

開始直後~昼まではその予感通りの大苦戦。仕掛や誘い方など出来る範囲で試行錯誤を繰り返すも返ってくる反応は極僅か。。。やっぱり魚が少ないことが原因なのかなあ。。。

と諦めかけたのですが、ドーム船の入り口と反対側の端でやっている方々が結構コンスタントに釣っていることに気付く。試しに魚探を入れてみると・・・。ななんと、その方々の周辺だけコンスタントに魚が入っているではありませんか。

もちろん魚探の情報が全てではないことは重々承知してはいますが、今やっている場所と明らかに水中の状況が違う映像を見てしまうと、試したくなるのが人間と言うもの(^^)。

ということで昼ご飯休憩後、場所を移動しました。

これが結果的に大正解。午前中は30分で数尾~10数尾釣るのが精一杯の状況だったのですが、15分で10尾ほど。時たま体当たり系の強烈なアタリも出るものの、多くは穂先が僅かにブレる極小アタリ。大型ワカサギ特有といえば特有なのですが、微小アタリが多い釣りって、なんだか諏訪湖っぽくないですね。誘い上げが効いたというのもなんだか新鮮でした。

ところでこの場所だけ魚が多かったという状況はどうしてなのだろう?自分なりに考えたのは、今年の諏訪湖のワカサギは警戒心が強くて、船の陰をいつもの年より警戒する傾向が強いのかも。だからドーム船の端、ということなんだろうけど、入り口側の端は出入りする人たちの騒音で警戒?あと、太陽光なのですが、常に入り口と反対側の方へ斜めに入るような角度でアンカリングされていたから?(↓下図の感じ)まあ、これは1日中雨OR曇天だったので影響は小さかったかも、ですけど。あくまでも私個人の考えです(^^;

20161120_1

まあ、とにかく場所移動してからはコンスタントにアタリを出せるようになり、しかもそのアタリが極小なので、どっぷりとはまってしまいました。休憩無しで(^^;。

結局午後の釣りで追い上げて150尾ほどの釣果で終了となりました。いつもの年の諏訪湖ではなかったですが、攻め方次第では面白い釣りが出来るかも・・・です。

P1070146a
Img_0795a


2016年11月 5日 (土)

ふらっと由布院&別府へ

ふっこう割りを利用して、大分県を旅してきました。

大分は海沿いの街々(佐伯や臼杵)は何度か訪れたことがあったのですが、意外にも別府&由布院は未体験。

ということで福岡空港に降り立ったあと、博多駅に移動し、ゆふいんの森号で由布院に入り、

Img_0609a

そのあとレンタカーで別府へ、といった感じの旅をしました。

由布院も別府も、違った趣のある温泉地でそれぞれが魅力一杯の街でした。

Img_0620a

Img_0640a_2

P1070104a

まだまた見残した場所、やり残したことがあるので、再訪してみたいですね。由布岳にも是非登って見たい!

Img_0671a

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »