2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月29日 (日)

今週末もまたまた氷上へ。

1月に入ってほぼ毎週週末は氷上釣行となってますね。。。

28日(土)はいつものように松原湖へ。6:30にスタートです。今日は千島さんやまこっちさん、小泉さんを始めとして多くの名人さんが大集合してます。けど、釣り場所は今日も各名人さんから離れます。釣果が吸い取られてしまうので・・・(^^)

さて、どこに行こう。色々と悩んだ末、今まで本格的にやったことがなかった藤棚方面へ。開始早々はそこそこの群れが入り、気持ち良い釣りが出来たのですが、あっという間に失速し、9時にはぴたっと止まりました。30尾ほど。う~ん、前回の半分以下だな。

Img_0997a              ↑天気は最高に良いんですけどね

で、場所移動。湖畔館前や稲荷岬沖などを転々とするも、全くダメ。11時時点で40尾ほど。集中力が切れたので早めの昼食とします。

P1070365a
のんびりと立花屋さんで休憩。

P1070366a
正午過ぎ、再開。昼休憩で上がってきた千島さんとすれ違ったので状況を伺うと、1束オーバーとのこと。さすがですね。

さて、午後はどこに入りますか?まずは中央付近であれこれ探るが、まったくダメ。その後何箇所も穴を開けてさまよい、最後に湖畔館前で若干の魚影を確認したので、そこにおちつく。が、結局ここでも10尾ほど追加しただけでゲームオーバーの16:30。60尾弱の釣果で終わりました。いや~やっぱり松原湖は難しい。けど、面白い!また来ます。

Img_1012a

佐久で一泊後、29日(日)は、当初バラギ湖にでも行こうかと思っていたのですが、今年も育成が失敗?した模様で不調のようなので、北軽井沢の照月湖という湖を初挑戦してみることにしました。

P1070376a

ちなみに完全予約制とのことなので前日TELにて予約済み。

Img_1003a
現場到着は7:00頃。既にテント&カタツムリがちらほらと。自分も早速湖面へ。初めての湖なのでまずは全体把握のために転々としながら穴あけ。水深と魚影を探ります。湖の形は違いますが、大きさの雰囲気は長湖をちょっと大きくしたくらいかな?水深は2m弱~3.5mくらい(魚探を入れた場所)。魚影はどの場所も分厚いものは見られなかったものの、底付近にうっすらと映ります。

まずは奥の方で始めてみます。開始早々からポツリポツリと小さなアタリが出ます。着実に釣果は伸びますが、一日やって数束というペースではありません。どうやらちょっと場所を外しているみたい。入漁料を回収しにきたおじさんに聞いたら、もっと手前(駐車場方向)でやっている方の釣果が良いみたい。

Img_1005a
ということで10:30ころ、場所移動。すると、確かに良い感じに群れが入ってきます。昼が近くなってもコンスタントに当たってきます。

結局長めの昼食休憩をはさみながらも、15:00ころまでに120尾ほど。

Img_1010a                ↑小型のワカサギが多かったかな?

最初からこの場所に入っていたら、もう少し状況が違ったかもしれませんが、この試行錯誤も楽しみのひとつなので無問題♪ちなみに今回、当初松原湖と同じ仕掛でやっていたのですが、当たるけど乗らない、が頻発。ここで去年北海道のしのつ湖で上手くいった微調整をすると、とたんに打率がアップしました。水深と誘い・アワセって結構密接に関連している要素かも。。。

入漁料が高めなので高頻度で伺うことはできませんが、是非再訪してみたいですね。

ただ、モツゴの多さが難点です。5連続とか当たり前って感じでした。。。

Img_1009a             ↑左、モツゴ。右、ワカサギ(^^;

2017年1月16日 (月)

今週末も氷上。

1月13日に解禁した猪名湖に行きたくて、先週に引き続き今週も氷上です(^^)。

前夜(1月13日夜)から松原湖入りしたので、ゆったりとした気分で6:30、スタートです。場所は特に決めていなかったのですが、なるべく人が集中しない場所が良いな、と思いながら場所決め。

数箇所魚探を入れてまずまずの反応の場所に落ち着きます。

P1070336a            ↑さて、我がカタツムリはどこでしょう?(^^)

7:00頃、いよいよスタートです。開始早々は若干鈍い感じでしたが、我慢して待っていると、序々にアタリの頻度が増し、時速50尾ほどのペースに。これが夕方まで続いたら大変なことになるな~と思いながら、小さなアタリを楽しみます。型も松原湖にしては大型が多めで手繰りの指先に魚の暴れる感じがびんびん伝わってきます♪しかも今日のポイントの水深は7mくらいなので、先週の赤城12mと違い手繰りノントラブル(^^)。至福の時間が続きました。

Img_0976a              ↑途中経過

がしかし、9:30頃から群れが段々薄くなってきて、我慢の釣りに。底付近に散らばるワカサギの僅かな反応に神経を集中。ぽつりぽつりと釣果を増やしました。

結局こんな釣りが15:00ころまで続き、大減速。。。結果論ですが、昼頃に場所移動したほうが良かったかも・・・。

最後にちょっとした群れが入ってきてなんとか200尾になったところで終了としました。また明日ですね。

Img_0984a              ↑松原湖にしては大型?

立花屋さんで1泊後、15日も朝6:30からスタートです。今朝は氷点下10℃を下回っていて良い感じに冷え込んでます♪

Img_0986a

今日も目指す場所は人の少ないところ。いつものように数箇所穴を開けて一番良さげなところでカタツムリを固定します。で、7:00ころスタート。

スタート直後は全く反応がなくて若干焦りますが、明るくなってくるにつれて、ぽつりぽつりとアタリが増えてきました。で、昨日と全く同じで7:30ころから9:00ころまでは時速50尾ペース。その後は急失速ですが、昨日に比べると魚探に何も映らない状態でも穂先に反応を出すことができました。

昨日は場所替えをしなくて失敗したので、今日は昼過ぎ思い切って場所を変えて見ます。

中央付近へ。ちょっとした考えで山立てをしながら穴あけ。さて、結果は?

魚探を入れるも反応なし!う~ん、思惑通りにはいかないな~。ま、でもここでやってみましょう。直ぐに準備をして再開。と、意外にも魚探は真っ白ですが、アタリは出ます。時速は遅いですけど、これはこれで楽しい釣りです。

P1070349a

結局14:30頃に止めるまでに30尾くらい(午前と合わせて130尾ほど)。時速15尾ほどでしたが、なんとなく渋いときの松原湖の攻め方のヒントが見えたかも(はずれかもしれないけど)。次回試したいことが一杯ありますね。場所決め、誘い、アワセ方、などなど。。。こういう試行錯誤しているときが一番楽しいですね。

P1070354a

また近いうち、再訪します。年券買ったほうが良かったかも(^^)

2017年1月 9日 (月)

今週末は長野&群馬へ氷上遠征。

遅れていた2017年本州の氷上シーズンも、立岩湖や長湖を皮切りにいよいよシーズンインです♪

で、1月の3連休、早速長野&群馬へ氷上遠征へ行ってきました。

7日、まずは長湖へ。少し早めに現場到着したので、立花屋さんへ新年のご挨拶。今年もよろしくお願いいたします!

さて、長湖。今日から全面解禁になるとのことで多くのお客さんで賑わっていました。開始時間の6:30に先ほど立花屋さんで教えてもらったお勧めポイントを目指しますが、途中でちょこっと穴あけ。ここで予想外の魚探映像を見てしまい、急遽この場所にカタツムリを設置してしまう。(この選択が結局大失敗となるのですが・・・)

P1070298a

直ぐに準備して7:00前に釣り開始するものの、期待に反して魚の反応は殆ど無し。。。時たまぽつりぽつりと微小アタリを拾うが、全く思い描いていた釣りになっていない。やっぱりこんな狭くて浅い釣り場にこれだけの人が一斉に上がればワカサギも警戒するのかなあ。

結局8:30頃までのゴールデンタイムで20尾ほどの大惨敗。その後、当初目指していた場所にダメもとで移動してみると、ばたばたっと数十分で20尾ほど追加。あ~あやっぱり最初からこの辺りに来ていれば良かったんやな。まあ、仕方ありません。10:00を過ぎて急激にアタリが遠のいたので、不本意でしたが実釣終了とします。

その後、立花屋さんへ移動して、早めの昼食タイム。

昼食後、特にやることがないので試しに立岩湖へ行ってみます。行くまでは様子を見るだけ、と思っていたのですが、いざ氷の張った湖を見てしまうと、やっぱり竿を出したくなります。

ということで、13:30ころから第2回戦(^^)。水深6mラインに魚探を入れてみると、ちらほらと魚影が見えたのでその場所で実釣開始。開始早々から穂先が微妙にブレる微小アタリが続発!バッチリのタイミングで合わせて慎重に手繰ると、指先にびんびん魚の引きが伝わってきます!これこれ!やっぱりある程度水深のあるところでやる手繰りは最高にエキサイティング!

結局、16:00ころ止めるまでアタリが途切れることは無く70尾ほどの釣果となりました。

Img_0959a

また明日来ます(^^)

佐久で1泊後、立岩湖再訪。ところで立岩湖のワカサギ入漁券は1700円。ちょっと高めですが、鮎に比べれば安い安い♪

P1070307a

8:00ころ到着時には既に多くのテントやカタツムリが湖上で賑わっていました。出遅れたかな。まあ、釣果を競う釣りではないので無問題ですけどね。

P1070315a
今日も昨日の場所で2匹目のどじょうを狙います。がしかし。。。ほぼ同じ場所を攻めたものの、昨日とは全く違う状況でした。結局昼まで掛かってようやく昨日の釣果を超えた程度の釣果。。。う~ん、何が違うのだろうか?

P1070313a

ところで釣り途中、小泉さんと再開です。新年の挨拶を済ませ、お互いの近況報告。長湖あんまり思わしくなかったとのことでした。

のんびり昼食後(まだまだ正月なんで餅なんぞ焼いてみました)↓思い切って場所移動。

P1070317a
よりダムサイトに近い8mラインに魚影を見つけて、この場所で釣り再開。ここからは比較的コンスタントに釣果を伸ばすことができましたが、時既に遅し、って感じ。結局150尾弱の釣果で終了となりました。

今年の立岩湖は例年になくワカサギの数が多いようなので、もう1回くらい行ってみようかな。

実釣終了後、雪降る中、慌て気味で片付けていたら、千島さんからお声掛け頂く。話を伺うと、やっぱりダムサイト~中央付近が良かった模様。ちなみに釣果は余裕の200尾超えだそうです・・・。さすがです。また松原湖で宜しくです!

16:00過ぎ、前橋へ向けて出発です。普段なら1時間半くらい?の道程のはずなのですが、南岸低気圧の影響で重たい雪が絶え間なく降り続き、のろのろ車が続出。そのためなんと前橋に着いたのは20:00ころ。あ~疲れた。。。北海道の雪道爆走車を経験した直後だったので、なおさらストレスが溜まる走行でした・・・。

さて、9日。前橋のホテルを5:00ころ出発。雨が途中から雪に変わるものの、難なく登れます。途中の渋滞もなくあっさりと6:00前、赤城大沼到着。

6:30、沼上へ。昨日小泉さんから聞いていたリンク脇を目指します。

数箇所魚探を入れて一番良さげだったところで釣り開始。

P1070330a

水深12mくらい。自分の技術では手繰りの限界水深。魚影は底付近が殆どだったので短めの仕掛でスタートします。

解禁日なので開始早々から入れ食いか?と思ったのですが、予想外にシビア。体当たり系の分かりやすいアタリももちろんあるのですが、もぞっと僅かに穂先のブレるアタリが多かったです。これをひとつひとつ合わせて、手繰りを繰り返します。12m手繰りなので道糸をぐちゃぐちゃにしてしまうこと2回。まだまだ技術がたりませんね。

そんなトラブルを起こしながらも、なんとか昼過ぎ1束を超えた所で、終了としました。

Img_0967a
久しぶりの赤城でしたが、やっぱりこのテクニカルな感じ、良いですね。手繰りの技術をアップさせて、再訪します!

てな感じの週末でした。今年も、時間の許す限り、氷上へ出没します!

2017年1月 1日 (日)

2016-2017年末年始は、またまた北海道へ。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。


さて2016-2017年末年始ですが、2015-2016年末年始に引き続き、再び北海道へやって来てます。

今年の北海道ワカサギの全体的な傾向としては、夏の台風の影響の為か、低調なスタートとなっている感じ。


そんな中、ふらふらと道内の湖を転々としています(詳しくは後日HPにアップ予定)。

激シブのおけと湖で自分の引き出しをあれこれ使いながら、楽しんだり、

Img_5485_2

解禁日の阿寒湖で10m手繰りを満喫したり。。。

Img_5484

結構充実した旅になってます。

Img_5483

明日はこれまた激シブらしいホロカヤントーへ行ってみようと思ってます。(^-^)/

Img_5490


« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »