2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年3月20日 (月)

2016-2017氷上シーズン、最終は赤城大沼へ。

2016年12月のおけと湖で始まった氷上ワカサギも、今週の赤城大沼であっという間に終了です。今シーズンも松原湖を中心に色々な場所で楽しみました!

さて、その赤城大沼ですが・・・。

毎週のように通っているベテランの方々でも50尾釣るのがやっと?というような状況で超激シブな模様。ということで目標をつ抜けとします(^^;

まずは18日(土)。深夜に到着して、湖畔で仮眠後、6:30、湖上へ。場所はいつものようにリンク脇。1個目に開けた穴で早速魚影を確認できたのであれこれ動かず、カタツムリを設置。

7:00過ぎ、釣りスタートです。水深12mなので、久しぶりに電動タックルで挑みます。が・・・。魚探にはコンスタントに魚影は映るものの、穂先には一向に反応なし!結局7:00~9:00のゴールデンタイムを逃げ遅れた間抜けなワカサギがたまたま1尾釣れただけで終了・・・。やっぱり慣れないタックルを使うもんじゃないね。。。

P1070506a             ↑天気は良いけど、相変わらずの強風!


9:00過ぎ、遅ればせながら手繰りタックルに変更。すると、やっぱり穂先が僅かにブレるようなアタリの数が増えます。オモリと穂先のバランスが良いんでしょうね。ただ、相変わらず手繰りの技術が未熟なので上げる途中で抜けるワカサギが多数発生。

Img_1246a              ↑10:00近くになってもこの貧果(;;)

仕掛けがぐちゃぐちゃになることは無くなったのですが、どうも一定のスピードで手繰れていないのか?まあ針の大きさや形、エダスの長さなど、他にも色んな要素がありそうですが・・・。

それでもなんとか昼過ぎまでに目標にしていた10尾を越えることが出来たので、終了としました。

Img_1203a
早めに終了したので、午後は高崎のつりピットでお買い物。ここにしかないものがたくさんあってついつい沢山買ってしまいました(^^)。

高崎に一泊後、19日(日)。今日も6:30には沼上へ。場所は昨日と同じリンク脇。直ぐに魚影のある場所を見つけ、釣り開始。今日はもちろん最初から手繰り(^^;。仕掛けも2mちょいの長め。針は、抜け落ち対策で形と大きさを変更。

すると、開始早々から昨日とは比較にならないくらいアタリが出る。がしかし、やっぱり途中で抜ける・・・。アワセが大きすぎるのか?うーんなかなか答えが見つからないな。

試行錯誤しながら、なんとか9:30頃つ抜け。昼までにあと10尾増やす目標に上方修正。誘い方やエサの種類、付け方などなど、工夫できることはあれこれ試してみる。と、少しずつだけど、釣果が増えてゆく。

Img_1205a

結局昼過ぎ終了までになんとか25尾ほどの釣果となりました。

P1070536a

今の実力ではこんなもんですな。ただ、試したいことはまだまだ沢山ありますね。来年リベンジ決定です!

P1070522a

ってな感じで2016-1017氷上ワカサギシーズンは終了です。出会った全ての皆さんに感謝感謝!!また来シーズンもよろしくです!!

2017年3月 6日 (月)

2017年も裏磐梯へ氷上ワカサギ。

3月上旬の恒例行事、福島氷上ワカサギへ今年も行ってきました。

行き始めたころはテントやカタツムリ釣行をしたときもありましたが、最近は居心地が良くてもっぱら氷上屋形の釣りです。

まずは、3月4日(土)。いつものように風来坊さんの屋形に入ります。ここの屋形はオーナーのキャラなのか、屋形内の雰囲気がゆる~い感じでお気に入りです。

で、釣りの方ですが、この時期特有の魚探には映るけど、アタリを出すのが少し難しいという状況。しかも今年の桧原のワカサギはまるで松原湖のようなマイクロワカサギなので更に乗せるのが困難な感じ。

ということで、まずは松原湖の釣りをヒントに釣り開始。エダスを長めにして、ラビットウォームを1/4カット。アワセを少しマイルドな感じで3cmワカサギを乗せてゆきます。最初はなかなか打率が上がらなかったのですが、穂先やオモリ、アワセ方を調整してゆき、2時間ほどでようやくバッチリと決まるバランスを見つけ出しました。

穂先が僅かにブレる動きに反応して一手繰り目で感じるワカサギの重量感がたまりません♪やっぱりワカサギ釣りは手繰りが面白い!!

P1070466a
そんな感じで初日の釣りは気持ち良い釣りとなりました。終了間際までぽつぽつと釣れ続け、200尾ほどの釣果。トーナメンターの方々ならまだまだ釣るような状況だったのかもしれませんが、十分興奮度の高い釣りでした。

P1070467a
風来坊でのんべえたちと楽しい一晩を過ごした後(^^)、3月5日(日)も風来坊の小屋に入ります。

今日は昨日の釣り方を朝一から出来たので、最初から好調♪10時過ぎには早くも1束越えでこのまま行けば300尾?って感じだったのですが、昼近くになるにつれ群れが薄くなり、極端に釣りが難しくなってゆきました。

P1070480a       ↑オーナーが全く想定していない釣り方?(^^;でもこの姿勢が一番腰の負担が少なかったな。

14時頃から再び群れが入り始めましたが、一旦切れた集中力を元にもどすことが出来ず、大きなアタリのみ拾うような釣りとなってしまい、結局150尾ほどの釣果で終了。

P1070491a
今回の釣行も色んな人と出会って、色んな収穫がありました。お世話になった皆さん、ありがとうございました!また来シーズンおじゃまします!

ま~ちゃん、ゆきさん、松原湖で待ってますよ~(^^)/

2017年2月第2週~第4週の氷上について。

2月第1週の松原湖の宮本屋さんの大会のあとも毎週、氷上の週末でした。

ただ、なんだかどの釣行も考えていた釣りと実際の釣りが噛み合わず、ストレスだけが溜まる釣りでブログの更新をサボってしまっていました。。。

けど、備忘録として。。。

2月12日(日)

前日、職場のみんなとスキーをした後、松本で一泊し、早朝ホテルを出て一路立岩湖へ。当初は氷上オープンするはずだった美鈴湖へ行くつもりだったのですが、氷厚が足りなくて解禁を断念。ということで急遽立岩湖へ。8時頃到着して釣り開始するものの、前回千島さんが教えてくれた場所周辺で大撃沈。1時間で3尾。1ヶ月経てば当然状況は変わりますよね。。。その後、ふらふらと湖全体を探査して、浅場で魚影を見つけ、昼前に移動したものの時既に遅し、と言う感じで釣果は伸びず、そのまま静かに終了となりました。。。

Img_1044a         ↑大型ワカサギの多い立岩なので、ぴちっとシートで一夜干を作ってみました。激旨!

2月18日(土)

楽しみにしていた第2回北海道氷上。初日は去年ボウズだったポロト湖。

P1070407a

今年も不調なのは同じのようでお客は少なめ。それでも去年のように魚影が全く無いわけではなく、努力をすると僅かだけど答えのかえる釣りでした。

Img_1056a

2月19日(日)

朝、ホテルをチェックアウトしようとしたら、事件発生で出発できず!!!ここで詳細は書きませんが、ホテル側の誠意の無い対応で久しぶりに怒り心頭。正午過ぎ、ようやく出発も、当初予定していたしのつ湖へは到底行けず、去年のリベンジできず・・・。新千歳空港に一番近い三日月沼へ。13:30頃、ようやく釣り開始。

P1070422a
魚探にはコンスタントに魚影が映るので気持ちの良い釣りが出来るかな、と思って始めたのですが、釣れるのはモツゴばかり。モツゴ3~5尾釣れる間にワカサギ1尾、といった感じ。

P1070424a
釣る層を微調整するも状況は変わらず。場所移動すべきなのかもしれないが、もうその気力もなく、そのままモツゴポイントで16:30まで釣り続けました。あ~あ。折角の北海道遠征がもやもやした感じで終了です。

2月25日(土)

今シーズン7日目の松原湖(1日は長湖)。やっぱり年券を買うべきでした。まあ、当初この週末は仕事の予定だったので1シーズン7日釣行は難しかったかもしれないのですけど。急遽出来た休みに家でぼーっとしているわけにはいきません(^^)

ということで松原湖。だた、前日の仕事の終わりが遅かったので若干遅めの到着。7:00頃氷上へ。今日は前回失敗した藤棚のリベンジ。2個目に開けた穴にぽろぽろと魚影を見つけて直ぐに釣り開始です。開始早々から穂先の違和感が連発!気持ち良く釣果が伸びます。前回の釣果をあっという間に越え、久しぶりに50尾も越えました。昼近くなっても地道にがんばると、僅かながら反応が続きました。で、結局13:30ころまで続けて70尾ほどの釣果で終了としました。自分なりにいろいろと収穫のあった釣行となりました。

Img_1069a            ↑途中経過。

 

明日はC-STYLEの大会だそうで、氷上には大会参加者がちらちらと見えました。みなさん明日はがんばってくださいね(手繰りの自分は出れませ~ん^^;)。

Img_1071a

2月26日(日)

佐久で1泊後、今日も松原湖でも良かったのですが、今日行くと8日目になってしまうので止め(^^)。立岩湖へ。前回魚影が多めだった浅場方面へ。行こうとしたら、常連さんが「浅場はもう氷が薄くなってきてるから止めた方が良い」とアドバイスをくれたので、急遽場所変更。ダムサイド方面へ。がしかし、案の定、全く魚の気配なし。場所を3回変わるが、どこも同じ。けど、魚探に大き目の魚の魚影がちらちら映るので、もしかして、と思って大きめのサシを切らずに付けて誘ってみると、ずしっっと来た!慎重に手繰って上がって来たのは、人生初のシナノユキマス!やった!

Img_1073a
ここからすっかり趣旨が変わって、シナノユキマス釣りに。仕掛も太めのハリスにしてエサも大きめ。すると直ぐに同じようなずしっとしたアタリ!慎重に手繰るも圧倒的に先ほどのヤツよりも重い。上げては走られ、上げては走られを繰り返し、後もう少し、というところまであげたところでちょっと油断した隙に一気に走られ、ぷちっと仕掛け切れ!あ~もったいない。

このあともう一尾当たったものの、これは一手繰り目で抜けてしまいました。このあとはアタリが遠のき、正午過ぎ、終了としました。なんだか、途中から目的が変わってしまいましたが、これはこれで楽しいかも。次回の立岩では本格的にシナノユキマス狙ってみようかな。。。

てな感じの各週末でした。

2017年3月 2日 (木)

蔵王、再訪。

2007年12月の初蔵王からはや9年超。

久しぶりに蔵王へ温泉&スキーを満喫しに行ってきました。今回は山形空港からレンタカーで。丁度良い具合に高速道路が空港と蔵王への登り口とを結んでいて、あっという間に蔵王温泉街に到着です。

珍しく平日旅だったのでスキー場はガラガラ。天気も特に2日目は地元の方々も今シーズン一の好天だね~と言うほどのパーフェクトDAY!!

Img_1119a

Img_1123a Img_1132a_2
蔵王名物の樹氷はピークを過ぎているようでしたが、それでも飛行機を使って見に来るだけの価値のある風景が目の前に広がっています!!何度も何度も滑降を中断しつつ、その風景を堪能します。

今回の旅もまた晴れ男パワー炸裂とった感じになりましたね。

次回は↓の結氷した湖も気になるので、氷上ワカサギ&スキー&温泉ってな感じの旅にしてみたいですね。

Img_1135a

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »