2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017GWは長野へ | トップページ | 2017年夏、北海道へ鮎釣り。その1 »

2017年6月26日 (月)

2017年鮎シーズン始動。今週末は初・長良川。

いよいよ2017年鮎シーズンが始まりましたね。

仕事の都合でなかなか釣行できませんでしたが17日(土)に九頭竜川で始動し(午後から20尾ほど)、今週末は長良川へ行ってきました。これだけ色々な川で鮎釣りをしてきた自分ですが、実は本日が初めての長良川(^^)。

現場(和会橋周辺)到着は8時頃。先行出発していたO氏は既に入川していて、5尾ほど掛けてます。早速自分も準備して、川へ。

P1070606a

今日の入川場所は全体的に泳がせポイントなので、立て竿で開始。どちらかというと苦手な釣りなので釣り開始直後は大苦戦。最初の30分丸ボウズで、更に焦って悪循環。まずいな~。どうしよう。。。

ここで少し冷静になり、少し上流でコンスタントに掛けている方を暫く観察することにしました。

これが結果的に大正解!竿の角度やラインの角度・テンション、狙う筋、大いに勉強になりました!

で、釣り再開すると、同じ場所でやっているのに、先ほどまでとは全く違う鮎達の反応!基本川の中は鮎だらけなので、釣果の差は技術の差なんだということを痛感した瞬間でしたね。

結局、昼間までに何とかツ抜け(11尾)。オトリ屋さんで昼休憩とします。

Img_1644a
午後は当初、場所替えを検討していたのですが、今日はじっくりと泳がせ系の釣りをやり尽そう、と同行者と意見が一致し、再び同じ場所へ。

13:30ころ、釣り再開。掛け針の角度や水中糸の角度、泳がす筋など色々な試行錯誤をしつつ釣果を増やす。が、なかなかこれといった答えのヒントが見つからない。

苦戦の中、それでもあれこれと試行錯誤を繰り返していたところ、突然鮎のスイッチが入ったかのような変化が。今までしぶーい反応しかなかった流れで、流れに鮎を馴染ませると間髪入れずに水中でギランと2尾の鮎が光る!オトリを変えて直ぐに同じように泳がせ始めるとなんと直ぐ足元で水中糸が走る!こんな反応が7連発。掛け針にある工夫をした後の好反応だったので、恐らくそのことと因果関係があるとは思うのですが、その後同じような工夫を施した掛け針でも、急激に掛かりのスピードが落ちたのでまだまだ他にも調整すべきことがある模様。。。

やっぱり鮎釣りは奥が深いですね。

Img_1647a

結局午後は2時間半で15尾ほど。久しぶりに泳がせ系の釣りを丸1日やりました。勉強になったことがいっぱいありました。また来たいですね。長良川。

Img_1648a
Img_1660a_2



« 2017GWは長野へ | トップページ | 2017年夏、北海道へ鮎釣り。その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125712/65460979

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年鮎シーズン始動。今週末は初・長良川。:

« 2017GWは長野へ | トップページ | 2017年夏、北海道へ鮎釣り。その1 »