2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月10日 (火)

ふらっと周防大島へ、カヤックフィッシング。

この時期恒例のカヤックフィッシング旅ですが、今年は久しぶりに山口県の周防大島へ行ってきました。

2017年10月の3連休の周防大島は、天気も良く、風も穏やかで絶好のカヤック日和でした。

宿泊は片添のキャンプ場。相変わらずの人気で多くのお客さんで賑わっていましたよ。

P1070713a

初日はのんびり準備しただけで海には出ませんでした。

で、連休2日目(10月8日)、9:00ころ、海へ。まずは午前の部。

P1070718a

とりあえず海水浴場沖のフラットな20mラインを潮に乗せてゆったりと流してみます。

と何度かアタリあり。でもマダイっぽくない。1尾針に乗ったのは案の定、エソ。。。

P1070729a
場所を大きく変えてみます。

砂浜の北東方面の地磯沖へ。25mライン~35mラインを探ってみます。先ほどの砂浜沖とは違って、魚探には色々な反応が出てます。マダイらしき大型魚の姿も♪

そんな場所を何度か流しつつ、攻め続けます。タイラバのネクタイを変えたり、巻くスピードを変えたり。あれこれと試行錯誤もしてみます。

1尾目のマダイは着底後数巻きで当たってきました。ひったくるようなアタリの直後に強烈に竿が絞り込まれました!海面がすぐ横なので穂先が海中に突き刺さってます!!迫力ありすぎ!

P1070731a
P1070734a
慎重になり過ぎてばらすのも嫌だったので、ドラグを滑らせながらも、着実に間合いを詰めます。時折カヤックが引きずられるほど絞り込まれながらも、何とか取り込み成功!

P1070736a
間違いなく60cmオーバー。やっぱり周防大島のポテンシャルは高いですね。

P1070737a

午前の部はここで終了。一旦陸に上がって、お昼ご飯とします。

13:00~午後の部です。午後は更に北東に進んで岬のような場所の沖へ。魚探にはベイトフィッシュの反応が。。。いかにもって雰囲気だな~と思っていたら直ぐにアタリ。良い感じに竿が絞り込まれますが、1尾目ほどの強烈さではありません。

慎重にやり取りした結果上がってきたのは、45cmくらいの食べごろサイズ♪

Img_1982a

結局、タモ入れ出来たのはこの2尾のみ。それ以外にも何度か針掛りはさせたのですが、やり取り中全てばらしてしまいました。ま、カヤックツーリングしながらのんびりと釣りが出来たので日頃のストレスは十分解消できましたけどね♪

今宵の食卓は先ほど釣ったマダイの刺身と、H村君お勧めの鮮魚店で買ったアジの干物。どちらも激旨でしたよ~。

P1070741a
Img_1984a
最終日(10月9日)は朝方だけちょろっと釣りをしました。早朝の片添は、しーんと静まり返っていて昼間とはまた違った雰囲気で絶景でした。

Img_1987a

ポイントに向かうパドリング中、雲間から昇ってきた朝日を拝むこともできました。
Img_1989a
肝心の釣りの方は、アタリは沢山あったものの針掛りしたのは30cmくらいの小型が2尾のみ。でも気持ちの良い釣りでしたからOKです!

P1070744a

キャンプ場に戻って、素早く撤収後、帰路に就きました。途中の店で、みかんやはちみつといったお土産を沢山買いつつ、周防大島を離れます。

やっぱり周防大島は素晴らしい場所でした。また来るよ!

Img_1998a

2017年10月 1日 (日)

ふらっと伊豆へ、鮎釣り旅

この時期恒例の伊豆鮎釣り旅へ行ってきました。

まず初日(9月30日)は河津川へ。数日前の雨で100cm以上増水したあと、減水したもののまだ平水から10cmくらい高い水位。もちろんアカは飛んでしまっていて、いつもなら魚影が確認できる橋の上から眺める川に、鮎の影もありません。。。

苦戦の予感。。。でも、オトリ鮎も買ってしまったし、水位も下がっていくはずだからやってみます。

ということで昼ごろから釣り開始。

P1070681a

開始早々、直ぐ目の前で当たったが、これはバラシ。その後対岸のヘチでこれまた直ぐに軽めのアタリ。これは10cmくらいのミニサイズ。でもなんだかいい感じのスタートだな、と油断したのがいけなかった模様。その後1時間全く反応がなくなりました。

遅めの昼ご飯で気分を入れ替えます。

でも昼食後もやっぱり苦戦です。石裏のたるみやヘチギリギリをねちねちと上方テンションで追気の無い鮎を挑発しつつ、ぽつりぽつりと釣果を増やしました。ちなみに流芯の引き釣りでは1匹も掛かりませんでした。。。

P1070682a
結局、つ抜けするのがやっとの状況でした。まだまだ技術が足りませんね。

17:00ころ、釣り終了。疲れる釣りでした。。。

直ぐに今宵の宿『かわづの里』の露天風呂で身体を暖め、ボリューム満点の夕食で胃袋を満たしました!本当にこの宿はいつ来ても快適です(^^)。

P1070687aP1070693aP1070694a

さて、次の日(10月1日)。今日も河津川でも良かったのですが、やっぱり移動します。

西伊豆の仁科川へ。橋の上から川をのぞくと一面鮎だらけ!殆どが群れ鮎で追気はなさそうな鮎ばかりみたいですが、昨日の河津川に比べれば攻略の選択肢が多そう♪

ということで近くの釣具屋で日釣券(1000円)を購入して、早速釣り開始(12:00ころ)。

開始早々は、攻め所を見極めるまで若干苦戦しましたが、瀬でコンスタントに掛かり始めてからはリズムに乗れました。

型は小型が多かったですが、海から数100mの場所の天然遡上鮎だらけの場所なので、アタリがデカイ!やっぱり天然遡上系の鮎釣りは面白い!

後半戦はトロ場の泳がせ釣りで群れ鮎系を挑発して釣果を増やしました。

P1070705a

16:00に終了までに20尾。自分なりにあれこれと考えた釣りだったので、満足です。

Img_1974a

帰りは、土肥からフェリーに乗りました。快適な船旅♪

P1070709a
これで2017年鮎釣り、終了です。出会った皆さん、ありがとうございました!また来年よろしくです!!!

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »