2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年8月13日 (日)

2017年夏、北海道へ鮎釣り。その2

8月13日、雨の黒松内を8時過ぎ出発です。

天気予報によれば、日本海側の方が雨雲が少ないとのことなので、それを信じて南西方面へ。長万部から道央道に乗って南下し八雲で降りて今度は西進。日本海側へ出る。と、予想通り雨が止みました。

で早速良さげな川発見。実は去年この川を見たとき、良い感じの川だな、と思っていたのですが、今年改めてよーく見てみると、やっぱり良い川でした。で、早速釣り開始しようと入川場所を探していたところ、とても残念な看板を発見してしまいました。なんと周年、全魚種禁漁の河川でした・・・。下調べが甘かった自分が悪いのですが、良い流れなのでやっぱりショックです。主な理由はサケの増殖だと思うので、鮎だけでも解禁して欲しいな。

仕方なく海岸線沿いを更に南下します。何河川か良さげな川はあったものの、わざわざ竿を出すテンションになるような川は無くて、結局去年釣りをした厚沢部川まで来てしまいました。

勝手知ったる厚沢部川なので今日はこの川でやりますか。ということでコンビニで2日券を購入して、道の駅で小休止。今年も鮎の塩焼きやってました。去年色々とお世話になった振興会の坂本さんもいらしたのでお礼を言いたかったのですがなんだか忙しそうだったのでスルーしました。今年もお邪魔しますね。

さて、色々と寄り道をしていたので10:00を過ぎています。新規開拓は明日やることにして、今日は去年見つけたポイントへ直行します。幸い、釣り人は今年も皆無。直ぐに準備して釣り開始。11:00前。

P1070646a

今年も開始早々から入れ掛り!厚沢部川にしては押しの強い流れだったのであまり竿が入っていなかったのか、比較的型も揃っています♪天然遡上系の強烈な体当たりを暫し楽しみます。

P1070647a
昼飯を挟みつつ、何箇所か場所移動したのですが、去年良かった場所は流れが変わってしまっていて残念な感じになってしまっていたり、少し歩いて新たなポイントを見つけたけど、アブの猛攻撃にあって直ぐに退散したり、となかなか思うような釣りが出来ず、結局最初に入った橋の直ぐ近くの瀬で殆どの時間を過ごしました。

16:00に止めるまでにほぼ50尾。時速にしたら15尾前後かな。とにかく気持ちの良い釣りが出来ました。アブさえ居なければ何も言うことないんですけどね・・・。

P1070650a

今宵の宿は道の駅の近くのキャンプ場。ちなみに無料です。静かで過ごしやすいキャンプ場でした。

Img_1810a

ジンギスカン&鮎の塩焼きの夕食で満腹になった後、明日のポイント探し。スマホのグーグルマップで。便利な世の中になりましたね。。。

2017年8月12日 (土)

2017年夏、北海道へ鮎釣り。その1

去年、初めて挑戦した北海道での鮎釣り。

いきあたりばったりだったものの、そこそこ気持ち良い釣りができたのが忘れられなくて、今年(2017年)も行ってきてしまいました。

今年もまずは新日本海フェリーで苫小牧へ。そこから室蘭へ移動して一泊(夜ご飯は名物のカレーラーメン♪)。

8月12日、いよいよ実釣日です。がしかし。朝から冷たい雨がしとしと。。。気温はなんと16℃。寒い!寒すぎですよ!今夏の北海道。一瞬観光の1日にしようかとも思ったけど、折角ここまでやってきたのでとりあえずは目的地の黒松内へ。

道の駅でゆできびなどツマミ食いしながらも9時過ぎには黒松内中心部へ。道路沿いからちらっと見えた川は若干増水しているものの釣りはできそうな雰囲気。よーし、オトリ屋でオトリと日券買って早速釣り開始!と思ってふと車内を見回すと、大変な事実に気付いてしまう。

ななんと、鮎釣りの重要な仕掛けなどが一式入ったベストを自宅に忘れてきた~~~!!

あ~~やってもーたー。どーしよー。暫く絶望的な気分に落ちるが、冷静に考えてなおしてみる。まず針は昨日船内でしこたま巻いたからOK。編みつけ台や予備の複合糸は持ってきているから、水中糸周りもOK。天井糸やつまみ糸も渓流ベスト(なぜかこちらは忘れずに車に積んでた^^;)に入ってたものが代用できそうなのでOK。回転仕掛巻きもこれまた予備が車にあったのでOK。オモリはベルトのポーチに各号数1~2個入っていたのでOK。

おーなんとか釣りはできそうだ。

ということで川端の駐車場で仕掛作り(^^;。005の複合に編みつけ。鼻カン周りも2セット作りました。外は雨が結構強く降っていて寒いので、そんなに焦る事はないですよね。

P1070634a
10:30ころ、ようやくオトリ屋さんへ。今年は大将がいらしたので状況を詳しく伺えました。遡上は去年よりも良。ただしずっと渇水だったので難しい釣りだった。が、この雨で増水して落ち着いたらきっと好転するはず。といった感じ。去年の高知の利き鮎大会での好評価を大変喜んでいました。良かったですね。確かに朱太川の鮎は美味しいですよね。

さて、増水が落ち着くまで北海道には居られないので(^^)、状況的には厳しそうですが川に入ってみます。場所は街中よりも下流域。何箇所か良さげな場所を探してみましたが結局ここぞと言う場所は見つけられませんでした。ということで入川しやすそうだった橋のたもとへ。

P1070640a

12:00過ぎ、ようやく釣り開始です。水温低め。水量多め。こんな状況で追う鮎なんているのだろうか?と思ったのもつかの間。直ぐに弱めの体当たり!これは寄せる途中にばらしたが、直ぐに次の体当たり。これまた口掛りだったので慎重に引き抜き、無事2017北海道初鮎ゲット!

P1070637a

この鮎をオトリにしてちょっと強めの瀬にいれたらまたまた直ぐに体当たり!今度はがっつり背掛りの強烈な体当たり。さすが北海道鮎、こんな低水温でもやる気のある鮎はいるみたい。

このまま入れ掛りが続くのかと油断したら、なんとこの後2時間ボウズ!というか、釣り開始後からどんどん増水してきてしまって濁り&ごみの流下が激しくなってきてしまった。特にゴミ(草木)の流下が堪えた・・・。ほぼ数分ごとに仕掛けを回収して引っかかったゴミを取り外さなくてはいけない状況。

ごみが少なそうなヘチで1尾、小型を掛けたものの、3時間粘ったところでギブアップ。

結局3時間ちょいの実釣時間で3尾。寂しい釣果となってしまいましたが、まあ、釣りが出来ただけでも良かったです、ほんと。

早々と鮎釣りは諦めて少し渓流釣りでヤマメたちと戯れたあと、今宵の宿「歌才自然の家」へ。冷えた身体を風呂で温めて、ボリューム満点の夕食で空腹を満たしました。部屋にはテレビが無いけど、静かな夜を過ごすにはこのほうが良いですね。

外は相変わらず雨。明日は雨の降っていない場所へ移動しようと思う。

2017年5月 6日 (土)

2017GWは長野へ

2017GWは、当初ここ数年すっかりはまっているMLB観戦へ行くつもりだったのですが、諸事情により断念。。。

ということで5月2日~5月6日までふらっと長野まで行ってました。

特にどこに行くとか何をやるとかを決めずに行き当たりばったりで過ごしていました。

天気が良かったので、先日芦ノ湖で釣ったニジマスを燻製にしてみたり、

Img_1458a
P1070598a
Img_1460a
山菜採りに山歩きしてみたり、

Img_1465a

青木湖でカヤックを浮かべてみたり。。。

P1070573a

Img_1450a

Img_1451a

青木湖では折角なので少しだけヒメマスを狙ってみたら、↓な感じでちょろっと釣れました♪

Img_1453a

Img_1457a
ただ、初挑戦で色々と失敗をしたので(最初使った仕掛けが細すぎてエダス切れ続発!とか)、リベンジ決定です(^^)。次回は色々と修正して朝一からやって見たいですね。

そんなこんなであっという間にGWは終了です。

2017年3月 2日 (木)

蔵王、再訪。

2007年12月の初蔵王からはや9年超。

久しぶりに蔵王へ温泉&スキーを満喫しに行ってきました。今回は山形空港からレンタカーで。丁度良い具合に高速道路が空港と蔵王への登り口とを結んでいて、あっという間に蔵王温泉街に到着です。

珍しく平日旅だったのでスキー場はガラガラ。天気も特に2日目は地元の方々も今シーズン一の好天だね~と言うほどのパーフェクトDAY!!

Img_1119a

Img_1123a Img_1132a_2
蔵王名物の樹氷はピークを過ぎているようでしたが、それでも飛行機を使って見に来るだけの価値のある風景が目の前に広がっています!!何度も何度も滑降を中断しつつ、その風景を堪能します。

今回の旅もまた晴れ男パワー炸裂とった感じになりましたね。

次回は↓の結氷した湖も気になるので、氷上ワカサギ&スキー&温泉ってな感じの旅にしてみたいですね。

Img_1135a

2016年11月 5日 (土)

ふらっと由布院&別府へ

ふっこう割りを利用して、大分県を旅してきました。

大分は海沿いの街々(佐伯や臼杵)は何度か訪れたことがあったのですが、意外にも別府&由布院は未体験。

ということで福岡空港に降り立ったあと、博多駅に移動し、ゆふいんの森号で由布院に入り、

Img_0609a

そのあとレンタカーで別府へ、といった感じの旅をしました。

由布院も別府も、違った趣のある温泉地でそれぞれが魅力一杯の街でした。

Img_0620a

Img_0640a_2

P1070104a

まだまた見残した場所、やり残したことがあるので、再訪してみたいですね。由布岳にも是非登って見たい!

Img_0671a

2016年10月23日 (日)

ふらっと犬山へ

今週末の旅先は。。。

国宝・犬山城が見てみたくて、ふらっと犬山へ行ってきました。

犬山駅から10分ほど歩き、まずは本町通周辺をぶらぶらと散策。思ったよりも多くの観光客で賑わっています。柳井の白壁の街並みくらいの静かさを予想していたのでちょっとびっくりcoldsweats01

手ぬぐいやさんでおしゃれな手ぬぐい買ったり、五平餅を衝動買いしたりしながら30分ほど歩いた後、いよいよ犬山城へ登城します。

さすがは現存12城のひとつ、犬山城。

Img_0528a
見事に組み合わさった石垣や立派な梁など、見所一杯!

Img_0541a

最上層からの景色も絶景!

Img_0539a
多めの観光客で自分のペースで見られなかったのがちょいと残念でしたね。季節を変えて再訪しようかな。

城見学の後は、再び本町通へ戻り、蕎麦屋で新そば(十割)を食し、のんびりと帰路に就きました。

次はどこに行こうかな。

2016年10月16日 (日)

ふらっと串本へ。

さて、今週末はどこに行こうかな。と金曜の夜に考えた末、串本へ行くことにしました。

オフシーズンのようで金曜夜でも土曜の宿は難なく取れました♪

15日、当初予定では11時頃着いてのんびり昼ご飯後、観光をしようと思っていたのですが、途中事故渋滞で大減速。。。

結局串本に着いたのは14:00ころ。橋杭岩で昼食&観光後、

Img_0495a
古座川の一枚岩~潮岬といった感じで定番観光コースをぶらぶらと。

Img_0496a
潮岬は、以前一回自転車で訪問したことがありましたが、車で行くとなんともあっさりと行けてしまうので、最果て感は、ま~ったくありませんね。。。

17:00ころ予約していた串本ロイヤルホテルにチェックイン。今回は食事なしのプランにしていたので、18:00過ぎ、夜ご飯を食べに街へ。当初は寿司屋か居酒屋で海鮮系を狙っていたのですが、地元民で満席の店が多く、断念。国道沿いにあった謎のファミレスで↓を食べました。

Img_0555a

いや~ものすごいボリュームでした!

16日は、古座川へ。10月に入っても鮎が釣れている、ということでちょこっと挑戦してみます。

第一希望のポイントは既に釣り人が入っていたので下流部へ急遽移動。良さげな瀬を見つけて入ってみました。

P1070020a

開始当初はチチブ3連続で出鼻をくじかれましたが、その後は小さめの鮎ですが、コンスタントに掛かりました。どれも背掛りでまだまだやる気満々の鮎ばかりでした。

P1070028a
本当はそのまま14:00くらいまで釣りをするつもりだったのですが、開始早々から吹き荒れていた風が全く止むことがなく、更には時折強烈な暴風も吹くようになってきて、今年買ったばかりの鮎竿が折れそうだったので、10:30ころ無念の強制終了。1時間くらいで7尾(その他にチチブ5尾^^;)。

P1070026a
来年、是非リベンジしたい川となってしまいました。。。

2016年10月10日 (月)

ふらっと広島・山口へ。

10月の3連休にふらっと広島&山口を旅しました。

8日はとりあえず広島市内へ。今回は特に目的も決めず旅に出てきたので、ホテルチェックイン後は近くの商店街をふらふらと。もう、どこもかしこもまっかっか!coldsweats01

Img_0477a
雨も降ってきたし、早めの夜ご飯とします。広島出身のY氏に紹介してもらった鉄板料理屋さんへ。色んな料理をたっぷりと頂きました。もちろん広島お好み焼きも♪

Img_0563a
9日はのんびりと山口方面へ。昨日までの雨は止んだものの、東寄りの爆風が吹き荒れています。毎年10月3連休はカヤックツアーを決行していたのですが、今年は悪天候の予報だったので、持ってきたのは釣具だけ。予報通りなのでがっかり度は少ないですけど、やっぱりちょっと残念・・・。来年はどこかの海でカヤックをやりたいですね。

結局、お侍茶屋で昼ご飯を食べたあと、

Img_0561a

砂浜でちょろっとキス釣り。

Img_0560a
P1070005a
相変わらず周防大島の投げ釣りは良く釣れます。1時間ほどで14尾。

P1070011a
Img_0556a

柳井で1泊後、10日は白壁の街並みを見て、

Img_0558a
昼前に帰路に就きました。

次はどこにいこうかな。

2016年10月 2日 (日)

ふらっと飛騨へ(Gattan Go !)

本当は、2016年最終鮎釣りに行こうかと思っていたのですが、近隣の川はどこも増水が続いた影響でいまいちの模様。

ということで、今週末はふらっと飛騨方面へ行ってきました。

まず土曜日は高山をぶらりと散策。以前来た時と比べて海外旅行客がめちゃ増えていましたね。お店もそれに対応すべく、あらゆる所に色んな言語の表記がありました。夜ご飯で入ったお店も日本人のほうが少ない?っていうくらい(^^;。

日曜は、ちょいと早起きして朝市へ。

Img_0446a_2
特に何かを買うつもりはなかったのですが、あれこれと並んでいるものを見ていたら、ついつい色々と買い物してしまいました。。。

Img_0451a               ↑原木まいたけ&なめこ。美味しそう♪

で、8:00AM過ぎホテルを出発。神岡を目指します。

実は、本日、Gattan Go!なる乗り物を予約しています。

Img_0463a
結構有名なんで特にここで詳しい説明はしませんが、廃線の鉄路を自転車で走る、という結構レアな体験ができるところなのです。自転車旅&鉄道旅が好き、という自分としては一回は行かねばならぬ場所だと以前から思っていたのです(^^)。いよいよ本日、実行です!

Img_0458a

土曜の天気予報では『曇り一時雨』だったので念のためレインウエアも持ってきたのですが、現場到着してみると、見事に晴れ渡ってます!ここでも晴れ男パワーを使ってしまいましたね。

さー、受付、事前説明を経て、いよいよ出発です。

スロープを滑り降りて、スタッフに写真を撮ってもらったら、のんびりとペダリングをスタートです。漕ぎ始めてすぐに感じたことは、レールの継ぎ目のショックが想像以上にガツンと来るな、ということ。普通の列車なら台車のサスペンションが吸収しているショックがモロに全身に伝わってきます。まさに”ガッタン・ゴー”って感じ。しかも今はロングレール全盛の時代なので継ぎ目のショック自体が貴重な体験かも。

201610021                 ↑↓シマノ・スポーツカメラにて。

いや~天気も良いし、最高の気分ですね~。線路の上を風を感じながら走るという意味ではトロッコ列車と同じかもしれませんが、乗ってみると明らかに違いました。恐らく視界の低さからくるスピード感じゃないかな~。下りでスピードに乗るとちょっとしたスリル感を味わえました。

201610022

ただし。。。欠点もありました。それは自分のペースで走れないこと。追い越しが出来ないので前が詰まるとスピードを落とさざるを得ない。。。これが結構ストレスだったかも。。。

まあでも、全体としてはとても満足度の高い体験でした。スタッフの皆さん、いろいろとありがとうございました!次回はもうちょっと空いてる時に行ってみようかな(^^)。リピーター割引あるみたいだし。

ガッタンゴーの後は神岡市街へ移動して、お昼ご飯。八兵衛というラーメン屋さん。鶏がらスープで上品な味わいのラーメンでした。餃子と一緒にあっという間に完食。そうそう、ガッタンゴーに乗った人は、1グループ100円引きでしたよ~(^^)。

P1060999a
食後、神岡市街をふらっと街歩きした後、帰路に就きました。

急に思い立って出た旅でしたが、充実した旅となりました。

2016年7月11日 (月)

鮎釣りと世界遺産の旅

諸事情により、ブログの更新が滞っておりました。申し訳ございません。m(_ _)m

ということで久々の更新は北陸~岐阜の旅です。

まずは初日(7月9日)。九頭竜川で鮎釣りです。場所は色々と悩みましたが、やっぱり九頭竜まで来たんだから瀬釣りでしょう、ということでメジャーポイントの瀬に入りました。

状況的には、前日から降り続いた雨で川は若干増水中。ただでさえ押しの強い九頭竜の瀬なのに増水で拍車が掛かってます。。。立ってるだけでも油断するとずるずると下流に流される・・・。そんな中、釣り開始。如何にも掛かりそう、と言う流れに2号~3号の鉛を付けてじりじりと引き上げてみます。が、予想に反して体当たり無し。

う~ん、なぜだ?何かが合っていないのだろう。竿の角度やオモリの号数などあれこれ調整しつつ釣りを続けると、開始40分でようやく待望の初体当たり!しかしこれは腹掛りでオトリ鮎として使えそうにない。直ぐに来た2尾目もまたまた腹掛り。これはどうやら針が合っていないみたいだ。押しが強いのでちょっと重ための針を選択したのだが、底の流れはそれほど速くない模様。直ぐにちょっと軽めの針に交換する。

と、ここからは今までの釣りが嘘のように九頭竜鮎の体当たりが続くようになりました。その殆どが瀬の流芯で掛かる天然遡上系の強烈なヤツ!足場も悪いし、引きも強烈で、掛かってから取り込むまでがスリル満点!2時間で15~16尾ほどの至福のひと時でした(なんぼか落としましたけど^^;)

P1060757a
午後もちょっとだけ釣果を増やしましたが、いつもよりも早めに釣りを終えて宿泊地の金沢へ。

実は今宵の夕ご飯は予め場所を決めていました。

ウナギとてんぷらの店「和田倉」。

大将とたまたま前回の九頭竜釣行時に川原でお会いして話が盛り上がり、機会があったらぜひ店に来てね、と言われていたのです。

ということでやって来ました、和田倉。一見だとちょっと入りづらいかな、という店構えでしたが、中に入って自己紹介(九頭竜の話)をしたらあっという間に打ち解けました。ウナギも想像通りの美味しさ♪

Img_0157a
ここ最近は自分で釣った天然ウナギを自分で捌いて焼いて食べてばかりだったのですが(結構自分なりに満足度が高かったんですが)、やっぱり、プロの焼くウナギは完璧に別物!!!大満足の夜ご飯となりました。また来ますね。

金沢1泊後、次の日は世界遺産白川郷へ。

途中の城端駅で小休止しつつも、下道をのんびりドライブ。昨日までの曇天から一転、強烈な夏の太陽がさんさんと降り注ぐ北陸路を快走しました。

直接白川郷へ行っても良かったのですが、折角なので五箇山(ここも世界遺産)にも寄ってみました。ここは高校の修学旅行以来ですね。当時とはすっかり雰囲気が変わってしまっていてちょっと興ざめ。遠景で眺めた風景が一番印象的だったかな。

P1060772a

Img_0129a

そのまま、県境を越えて(実際は岐阜・富山・岐阜・富山と何度も県境を越えます^^)世界遺産白川郷へ。秘境感を求めてやってきたのですが、大間違いでした。。。世界中の人が大型バスで大挙して押し寄せる大型観光地。まあ、途中からは割り切って楽しみましたけど。。。

Img_0131a

Img_0140a
Img_0144a
15:00過ぎ、帰路に就きました。

また近いうち、旅に出ます。

より以前の記事一覧